英国、入院を避ける仕組み、在宅医療の主体は看護師

医療法人社団悠翔会のWEBページにイギリスの在宅医療のレポートが掲載されていました。理事長の佐々木先生がイギリスに行かれて実際に視察されたようです。

レポートの中に、医療的側面、経済的側面から、高齢者の入院を減らしたい事情は日本も同じなのですが、いくつかの相違点がある、というくだりがあります。内容に、なるほどな~、と思いました。その部分のタイトルのみ抜粋しておきます。

以下、タイトルの抜粋

①在宅高齢者の急変対応は医師以外のコメディカル
②ケアの主体がGP(かかりつけ医)ではなく病院からの緊急対応チーム
③「高齢者の入院を減らす」という病院と地域の目的共有

英国で見た「入院を防ぐ」ための仕組み(医療法人社団悠翔会)
https://www.yushoukai.org/blog/gp24h

高齢者の緊急入院を83%も減らしたロンドンの取り組み(医療法人社団悠翔会)
https://www.yushoukai.org/blog/london1

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。