小田原市立病院、建替え費用189億~225億円

神奈川県小田原市は小田原市立病院の新築移転を目指すようです

小田原市立病院の移転は、2025年の移転開院を想定しています。2019年基本計画策定、2020年~2022年基本・実施設計、2022年~2025年工事、のスケジュールです。

新病院の規模は現状と同規模の400床程度で、工事費が約144~180億円、現建物解体撤去費約5億円、医療機器整備費約40億円、合計約189~225億円となっています。2017年度の収支が2.3億円の利益ですから、ちょっと過剰投資の気がします。

病院概要
小田原市立病院 〒250‐8558小田原市久野46番地
病床数 一般417床
診療科 26科
(内科、糖尿病内分泌内科、心身医療科、神経内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、腎臓内科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、呼吸器外科、消化器外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、救急科、病理診断科)
院長 川口 竹男(循環器内科)

小田原新市立病院、2025年度までに開院(朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASLD83R80LD8UBQU004.html

小田原市立病院再整備基本構想(小田原市)
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/global-image/units/371814/1-20181207160559.pdf

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。