2040年、医療・介護・福祉分野の就業者数1065万人必要

2040年に1065万人、全体の18.8%

別件で、医療業界で働く人がどのくらいに必要になるか調べていたのですが、2018年5月に厚生労働省が出した資料があったので共有です。少し古い資料ですが、2040年のことなので十分かと思います。

2040年には、1065万人が医療・介護・福祉分野の就業、全体が5654万人なので、18.8%が 医療・介護・福祉分野に従事している計算です。

「2040年を見据えた社会保障の将来見通し(議論の素材)」に基づくマンパワーのシミュレーション(厚生労働省)
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2018/0521/shiryo_04-2.pdf

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。