在宅医療ワーキング「都道府県がすべき取組み」を提示

「在宅医療及び医療・介護連携に関するワーキンググループ」から都道府県に実行すべき内容が提示されました。具体的には以下の内容になります。

(1)第7次医療計画の改善
(2)都道府県全体の体制整備
(3)在宅医療の取り組み状況の見える化(データ分析)
(4)在宅医療に関する各種ルールの整備
(5)在宅医療に関する人材の確保・育成
(6)住民への普及・啓発

在宅医療の充実に向けた議論の整理 (厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/content/10802000/000447522.pdf

在宅医療及び医療・介護連携に関するワーキンググループ(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-isei_370580.html

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。