ドクターヘリ、和歌山県と奈良県で相互応援

ドクターヘリって相互乗入ってどのくらい行われているのでしょうか?

和歌山県は1月1日から「ドクターヘリ」を新たに奈良県に出動させ、相互応援の形になったそうです。これまでは、奈良県からの応援はなく、和歌山県からの出動はあったようです。今回の乗り入れは、県境を想定しており、今後は県全域への出動を目指すようです。

和歌山県のドクターヘリは、県立医科大学付属病院(和歌山市)が基地病院となって運営、隣接県や関西広域連合と、相互応援態勢を整えています。ちなみに、三重、徳島各県の一部もカバーしているそうです。

奈良県のドクターヘリは、「南奈良総合医療センター」(大淀町)を基地病院して、県立医科大学付属病院(橿原市)が運航しているそうです。現状、県内だけをエリアに指定しているとのことです。

ドクターヘリ、全域を相互応援 和歌山県と奈良県(紀伊民報)
http://www.agara.co.jp/

和歌山県立医科大学附属病院
http://www.wakayama-med.ac.jp/hospital/index.html

南和広域医療企業団南奈良総合医療センター
http://nanwairyou.jp/minaminara/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。