【書籍紹介】医療経営フレームワーク

フレームワークの使いからを簡単に説明

赤字が続いている通称”ホスピタル病院”にて、主人公神田麻衣がわからないなりに、院内の経営改善策を進めていきます。その過程で、フレームワークの使い方を説明しています。

で、この本の設定に、ドキっ!とするんです。

主人公の神田麻衣は、副院長の逆鱗に触れてしまい時期外れの異動を告げられた。新たな勤務先は、病院内の窓際部門「経営企画室」。つまり、左遷・・・

「経営企画室」は窓際?「経営企画室」は左遷・・・

一般的にそう思われているということでしょうか・・・

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。