脳卒中・循環器病対策基本法とは?

都道府県に計画策定義務、医療機関を整備を行う

2018年12月衆議院本会議で、「脳卒中・循環器病対策基本法」が全会一致で可決、成立しました。

同法では、脳卒中や心筋梗塞などの循環器病の予防推進と、迅速かつ適切な治療体制の整備を進めることで、国民の健康寿命の延伸と医療・介護費の軽減を目指します

なぜ、今「脳卒中・循環器病対策基本法」が必要か
http://www.junkankitaisaku-motomerukai.org/wp-content/uploads/2018/10/20181017pamphlet.pdf

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。