【平成31年度予算案】平成31年度一般会計歳出・歳入の構成(臨時・特別の措置を除く)

公債金=31兆8779億円・・・

平成31年度の予算案が閣議決定されました。そもそも日本の予算は、どのような構造になっているのでしょうか?( 成立は、来年1月に召集する通常国会を目途とされています)

医療医の部分に関しては、皆さん、ある程度イメージを持たれていると思います。2019年度の政府予算案では、医療費に対する国庫負担額は11兆6692億円(前年度⽐ 1.61%増)となっています。2017年度概算の医療費が42.2兆円でしたから、約27%(=11.6兆÷42.2兆)くらいを国が負担している計算ですね。

さて、予算は、収入と支出に分かれているのは、ご存知ですよね。「入」と「出」ですね。 「入」と「出」がイコールであればトントン。 「入」が多ければ、設け、その結果、貯蓄や再投資。「出」が多ければ、赤字、貯金の取り崩し、借金、などの対応が必要となります。

さて、下の構成を見てください。歳入は税金などです。ここで「公債金」というのがあります。 こちらは国債を発行して手に入れたキャッシュのことです。これが、いわゆる借金です。 公債金=31兆8779億円・・・。

平成31年度一般会計歳入歳出概算(財務省)
https://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2019/seifuan31/03.pdf

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。