【平成31年度予算案】予算案の全体像と医療費が占める割合

予算案の全体像と医療費が占める割合を見てみましょう

平成31年度の予算案が閣議決定されました。そもそも日本の予算は、どのような構造になっているのでしょうか?( 成立は、来年1月に召集する通常国会を目途とされています)

医療医の部分に関しては、皆さん、ある程度イメージを持たれていると思います。2019年度の政府予算案では、医療費に対する国庫負担額は11兆6692億円(前年度⽐ 1.61%増)となっています。2017年度概算の医療費が42.2兆円でしたから、約27%(=11.6兆÷42.2兆)くらいを国が負担している計算ですね。

ここでは、予算案の全体像と医療費が占める割合を見てみましょう

一般会計歳出総額 99兆4285億円(100%)
―内訳―
社会保障 33兆9,907億円 (34.2%)
地方交付税交付金等 15兆9,850億円 (16.1%)
公共事業 6兆0,596億円 (6.1%)
文教及び科学振興 5兆3,824億円 (5.4%)
防衛 5兆2,066億円 (5.2%)
その他 9兆2,959億円 (9.3%)
国債費 23兆5,082億円 (23.6%)

平成31年度一般会計歳出・歳入の構成(臨時・特別の措置を除く)

平成31年度予算のポイント(財務省)
https://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2019/seifuan31/01.pdf

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。