三井物産がIHHの筆頭株主に

三井物産がIHH株を追加取得、筆頭株主に

三井物産はIHHの株式を追加取得し、筆頭株主になるようです。

IHHは、マレーシアに本拠を置くアジア最大の民間病院グループで、シンガポールやマレーシア、トルコ、インドなど9カ国で主に富裕層向けの病院を50施設(合計約12,000床)を展開しています。

三井物産は2011年に、非資源系の事業として、安定収益を得るために出資を開始しました。病院運営のノウハウを得るとともに、トルコやインド、中国、ミャンマーなどIHHの進出先の拡大をサポートしてきた背景があります。

今回の保有比率増加で、経営面でさらに関与を強める目論見だと思います。今回の追加取得により、約2300億円の追加出資、出資比率は32.9%になります。

商社ビジネスとして、経済成長が著しく、今後、生活習慣病の増加が予想されるアジア地域の医療ニーズを背景に、ヘルスケア関連事業を強化するのでしょう。 

アジア最大手の民間病院グループIHH Healthcare Berhadの株式追加取得(三井物産)
https://www.mitsui.com/jp/ja/release/2018/1227680_11199.html

三井物産、アジアの最大病院グループに2300億円出資(朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASLCY5KL3LCYULFA02D.html

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。