政治家の言う地域包括ケア

政治家の言う地域包括ケア

以前から気になったいたことなのですが、
政治家が演説や公約で掲げる「地域包括ケア」って、どの程度の内容なのでしょうかね?
本人の理解も気になります。
その政治家が医師や看護師、医療関係者または厚労省出身、などであれば、
それなりの持論をもってそうですが、
医療業界のバックグラウンドなしに地域包括ケアをイメージするのは難しいのでは?と思ってしまいます。
かくいう私も十分に地域包括ケアを理解しているわけではありませんからね・・・
勉強が必要です。

たまたま見かけた厚木市の例です
===
これから進めていく施策について、
ハード面として、
【1】企業誘致の推進
【2】国道246号バイパスなど道路網の整備
【3】本厚木駅南口の再開発
【4】中町第2─2地区の複合施設整備
【5】大規模災害への対策強化をあげた
ソフト面では、
【1】地域包括ケア社会の推進
【2】子育て・教育環境日本一への取組み強化
【3】行財政改革の推進
===

厚木市長選 小林氏 4選立候補へ(タウンニュース 厚木版)
https://www.townnews.co.jp/0404/2018/12/07/460976.html
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。