埼玉県立病院、繰入金112億円、純損失55億円、「地方独立行政法人が望 ましい」

埼玉県立病院、繰入金112億円、純損失55億円、「地方独立行政法人が望ましい」

2018年11月、埼玉県立病院の在り方検討委員会の金井委員長から、 埼玉県病院事業管理者に対して「埼玉県立病院の在り方に関する検討報告書」が提出されました。 報告書は、独法化が望ましいという結論に至っています。

埼玉県立病院の在り方に関する検討報告書についてhttps://www.pref.saitama.lg.jp/c1401/houkokusho.html

【報告書PDF】https://www.pref.saitama.lg.jp/c1401/documents/houkokusho_zentai.pdf

埼玉県立病院の在り方検討委員会について https://www.pref.saitama.lg.jp/c1401/arikatakentouiinkai.html

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。