「特定求職者雇用開発助成金」をご存知でしょうか?

【看護管理と採用、人事・労務 人事採用仕事人T】
15.「特定求職者雇用開発助成金」をご存知でしょうか?

前回、定年後の看護師を積極的に採用している病院が増えているというお話をしました。今回は定年後の雇用をサポートする制度について触れたいと思います。

「特定求職者雇用開発助成金」をご存知でしょうか。高年齢者(60歳以上65歳未満)、障害者、母子家庭の母などの就職困難者を、ハローワークや有料職業紹介事業者等の紹介により雇い入れる事業主に対して助成金を支給する制度です。例えば、高年齢者を雇用した場合には中小企業であれば60万円の助成金が支払われます。

看護師不足の中でも特に管理職の人材不足に悩んでいる病院は多いようです。また管理職を経験した看護師も定年後のライフスタイルについて考えています。今後は60歳以上の人材の流動化がさらに活発になると考えられます。

この制度では高年齢者は60歳以上と定義されていますが、いつ見直されてもおかしくありません。制度上有効である間に積極的に活用して、優秀な人材確保に役立ててください。

【前回記事】14.みなさん、何歳まで働きたいですか?

————————-
プロフィール
ペンネーム:人事採用仕事人T
略歴:民間企業を経て、病院で人事・採用を中心に行う。最近、独立して人事・採用コンサルタント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。