部下のストレス状況を把握されていますか?

【現場に笑顔をつくる看護管理 川﨑つま子】

部下のストレス状況を把握されていますか?

現代社会はストレス社会と言われるように、
ICT(情報通信技術)の発達などにより昼夜を問わず様々な情報があふれ、
私たちは望むと望まざるにかかわらず沢山の刺激を受けています。
また長引く景気の低迷や高齢社会などにより、
将来に対する漠然とした不安感を抱いている人も少なくありません。

その結果、不眠やうつなどのストレス反応によって仕事や家庭生活のバランスが壊れる人が増えています。
この事は個人の問題として片づけられない状況であり、組織的にも取り組まなければなりません。
個人は、自身のストレス状況を知り早めにストレスに対処する。

管理者は、部下のストレス状況を把握するとともに特定の人に負担がかからないような勤務調整を行い、
一番大きなストレス要因である職場の人間関係の調整と改善に努める。
組織は、積極的に「働き方改革」に取り組み労働安全衛生環境の調整に努める、
など各立場から多面的に取り組む必要があります。

【前回記事】 「時間」を管理する

===============================
プロフィール
川﨑つま子
【学歴】
1978年 国立埼玉病院付属看護学校卒業
1988年 日本赤十字社幹部看護師研修所卒業
2007年 放送大学卒業
2010年 東京医療保健大学修士課程(看護マネジメント学コース)卒業
2010年 認定看護管理者(日本看護協会認定)

【職歴】
1978年 国立国際医療センター
1981年 さいたま赤十字病院
1990年 さいたま赤十字看護専門学校(専任教師)
1998年 さいたま赤十字病院(看護師長)
2006年 さいたま赤十字病院(医療安全管理者、看護副部長)
2008年 小川赤十字病院(看護部長)
2011年 足利赤十字病院(看護部長)
2014年 東京医科歯科大学医学部附属病院(看護部長)
2016年 同 (副院長兼看護部長)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。