患者の長い人生に付き合っていく 医者としてのひとつの道

患者の長い人生に付き合っていく 医者としてのひとつの道

心外の天野先生が、心疾患に関する連載をされています。
在宅に関する調べ物をしている際に、見つけたもので、
心疾患に関連した連載ですが、外科一般のことや医療政策のことなど、
これまでの医師人生全般のことを書かれています。

天野篤
順天堂大学医学部心臓血管外科教授
1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

患者の長い人生に付き合っていく 医者としてのひとつの道
https://hc.nikkan-gendai.com/articles/221467

天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」
https://hc.nikkan-gendai.com/columns/2265

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。