看護管理者支援サイト

看護管理が病院を変える

無理な「在宅」で最期まで“自分らしい暮らし”ができるのか

time 2018/12/03

無理な「在宅」で最期まで“自分らしい暮らし”ができるのか

無理な「在宅」で最期まで“自分らしい暮らし”ができるのか

駒込病院の佐々木先生が、ガンとのか関わり方について連載されています。
在宅に関する調べ物をしている際に、見つけたもので、
ガンに関連した連載ですが、在宅のことや医療政策のことなど、
これまでの医師人生全般のことを書かれています。

また、ご家庭のことなど個人的な内容も発言されていますので、
非常に面白い内容です。

佐々木常雄
東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

無理な「在宅」で最期まで“自分らしい暮らし”ができるのか(日刊ゲンダイ ヘルスケア)
https://hc.nikkan-gendai.com/articles/242528

がんと向き合い生きていく(日刊ゲンダイ ヘルスケア)
https://hc.nikkan-gendai.com/columns/2896


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。