長崎みなとメディカルセンターが黒字

長崎市立病院機構が黒字

長崎みなとメディカルセンターが5年ぶりに黒字となったようです。
長崎みなとメディカルセンターは、市民病院と市成人病センターを統合し、
病床数を413床から513床に増やして再スタートした。
その結果、外来、入院ともに患者数が増えて医業収益があったようです。
また、職員退職手当を引き下げ、コストカットにより黒字化を達成したそうです。

【17年度】
医業収益125億3千万円、入院収益は95億1千万円、延べ入院患者14万5722人、病床稼働率80.8%
外来収益27億5千万円、延べ外来患者数14万3473人
【18年度】
医業収益131億8千万円、純利益7千万円見込

長崎市立病院機構が黒字 5年ぶり(長崎新聞)
https://this.kiji.is/407345235601294433

地方独立行政法人長崎市立病院機構
http://www.nmh.jp/
地方独立行政法人長崎市立病院機構 財務データ
http://www.nmh.jp/organization

長崎みなとメディカルセンター
http://shibyo.nmh.jp/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。