岐阜市民病院で人事権を病院事業管理者に委任

岐阜市民病院で人事権を病院事業管理者に委任

岐阜市は、岐阜市民病院の経営について、人事権を病院事業管理者に委任する調整をしているようです。
現状は一部適用で、今後は全適とするようです。
全適にして、病院事業管理者が経営判断できるようにするようです。

岐阜市民病院は、昨年度約4億円損失を計上しておき、経営改善を本格的に行いたい市の意向だと思われます。

6月定例市議会で柴橋正直市長は、
「運営体制の整備など経営における課題にスピード感を持って対応をする必要がある。
1年勝負で検討するよう指示したい」と述べていた。

人事労務権の移管検討 岐阜市民病院(岐阜新聞)
https://www.gifu-np.co.jp/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。