看護管理者支援サイト

看護管理が病院を変える

揺らぐ胆江の小児医療 奥州市総合水沢病院(岩手日報)

time 2018/10/30

揺らぐ胆江の小児医療 奥州市総合水沢病院(岩手日報)

揺らぐ胆江の小児医療 奥州市総合水沢病院(岩手日報)

奥州市が特別なケースというわけではないですが、
・医師の退職
・病院移転(建て替え)
・労働環境
と、どの病院にも起こりうる可能性を感じました。

揺らぐ胆江の小児医療 奥州市総合水沢病院、入院休止へ(岩手日報)
https://www.iwate-np.co.jp/article/2018/10/22/26485

以下、岩手日報より
・唯一の小児科常勤医が退職の意向
・背景には移転新築を巡る市との対立
・他の医療機関も慢性的な小児科医不足
・小児科は昨年6月から常勤医1人、非常勤医2人の体制
・院長は年間延べ約2万人の外来、入院患者をほぼ1人で担当


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。