水戸市にて小児・産婦人科の医師確保へ新制度

水戸市にて小児・産婦人科の医師確保へ予算計上

水戸市にて小児・産婦人科の医師確保へ新規に予算計上がされています。
http://www.city.mito.lg.jp/000271/000273/000282/000367/p018400_d/fil/002.pdf

・医師修学資金貸与事業 債務負担行為 45,200千円
小児科医・産婦人科医・救急科医の確保に向けて,市内医療機関内に就業予定の医学生を対象とする修学資金貸与制度を新設

・医療機関開設補助事業 債務負担行為 90,000千円
市内に小児科・産婦人科の医療サービスを提供する医療機関を新たに開設する者に対し,開設資金等を補助

・医師確保のための寄附講座開設事業 20,000千円
小児科医・産婦人科医の確保に向けて,大学に寄附講座を開設

・産婦人科医等確保事業 19,395千円
定住自立圏共生ビジョンに基づき,リスクを伴う妊娠等周産期医療や,高度な婦人科医療に携わる医師の雇用に要する経費を補助

~以下、朝日新聞から引用~
水戸市にて小児・産婦人科の医師確保へ新制度(朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASL2W4VWSL2WUBQU00G.html

水戸市は26日、新年度の当初予算案を発表した。一般会計は前年度当初比4%増の1300億円。9年連続のプラス予算で、8年連続で過去最高を更新した。特別会計と企業会計を合わせた会計総額は同0・5%減の2129億円で8年ぶりの減額となったが、大型事業の継続などで、市債残高の年度末見込み額は2324億円で過去最高になった。

ちなみに、水戸市の予算には下記のようなものも計上されています
・水戸黄門ふるさと寄附金の募集 134,200千円
水戸市の知名度やイメージアップを図るとともに,財源の拡充に向けて,市外居住の寄附者に特産品等を贈呈

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。