看護管理者支援サイト

看護管理が病院を変える

5つのステップ、成長のスパイラルとは?

【現場に笑顔をつくる看護管理 川﨑つま子】

成長のスパイラル

看護管理者の皆様には、日々の管理実践を通じて成長して欲しいと考えています。
今回は「成長のスパイラル」について考えてみます。

人の成長には、「気づき」「意欲」「行動」「結果」「自信」の5つのステップが関わっています。
このいずれのステップを省略しても、管理者としての成長は起こらないと考えます。

はじめのステップは「気づき」です。気づきは全ての行動の始まりです。
次のステップは「意欲」です。気づいたことを行動に移すためには、知りたいとか学びたいといった意欲が必要です。
次のステップは「行動」です。
行動することで初めて何らかの「結果」が生まれ、新たな発見や知見が得られます。
こうした一連の体験を通して「自信」を得て、もっと知りたい、もっと学びたいという意欲へと繋がっていきます。

この繰り返しが成長のスパイラルなのです。
看護管理者の皆様には成長のスパイラルを回し続けて、管理者として更なる成長をめざして欲しいと願っています。

【前回記事】 看護師長や副看護師長には、 週1冊、年間53冊の読書を勧めています

===============================
プロフィール
川﨑つま子
【学歴】
1978年 国立埼玉病院付属看護学校卒業
1988年 日本赤十字社幹部看護師研修所卒業
2007年 放送大学卒業
2010年 東京医療保健大学修士課程(看護マネジメント学コース)卒業
2010年 認定看護管理者(日本看護協会認定)

【職歴】
1978年 国立国際医療センター
1981年 さいたま赤十字病院
1990年 さいたま赤十字看護専門学校(専任教師)
1998年 さいたま赤十字病院(看護師長)
2006年 さいたま赤十字病院(医療安全管理者、看護副部長)
2008年 小川赤十字病院(看護部長)
2011年 足利赤十字病院(看護部長)
2014年 東京医科歯科大学医学部附属病院(看護部長)
2016年 同 (副院長兼看護部長)


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。