看護管理者支援サイト

看護管理が病院を変える

問題解決のため、看護管理者には論理的思考が求められます

time 2018/06/26

問題解決のため、看護管理者には論理的思考が求められます

【現場に笑顔をつくる看護管理 川﨑つま子】

論理的思考を育む

看護管理者には、部署で起こっている問題を改善し、
組織を更に発展させる重要な役割があります。

問題解決のためには、組織の上層部や他部門との交渉が必要になる場合も多く、
看護管理者には論理的思考が求められます。
問題点を的確に捉えて他者と交渉するためには、
日頃より論理的思考を習慣化しておかなければなりません。

論理的思考は、「読む」「話す」「聞く」「書く」、
そして「考える」といった基本行為の上に成り立っています。

状況の「可視化」「見える化」は、論理的思考には欠かせないものであり、
今年度の看護部長塾では、看護師長・副看護師長に部署の課題を
「可視化」「見える化」する作業をしてもらい、
そこから明らかになったことを整理して、発表してもらう研修を実施しています。

参加した看護師長・副師長がどんな課題に取り組むのか、
またそこから何が明らかになっていくのか、
問題解決の糸口がつかめることを期待して、楽しい研修にしたいと考えています。

*看護部長塾については、前回をご覧ください。

【前回記事】 看護部長自らが、研修を企画し実施する「看護部長塾」を紹介します

===============================
プロフィール
川﨑つま子
【学歴】
1978年 国立埼玉病院付属看護学校卒業
1988年 日本赤十字社幹部看護師研修所卒業
2007年 放送大学卒業
2010年 東京医療保健大学修士課程(看護マネジメント学コース)卒業
2010年 認定看護管理者(日本看護協会認定)

【職歴】
1978年 国立国際医療センター
1981年 さいたま赤十字病院
1990年 さいたま赤十字看護専門学校(専任教師)
1998年 さいたま赤十字病院(看護師長)
2006年 さいたま赤十字病院(医療安全管理者、看護副部長)
2008年 小川赤十字病院(看護部長)
2011年 足利赤十字病院(看護部長)
2014年 東京医科歯科大学医学部附属病院(看護部長)
2016年 同 (副院長兼看護部長)

【学会】
日本医療マネジメント学会評議員


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。