看護管理者支援サイト

看護管理が病院を変える

看護部長自らが、研修を企画し実施する「看護部長塾」を紹介します

time 2018/06/19

看護部長自らが、研修を企画し実施する「看護部長塾」を紹介します

【現場に笑顔をつくる看護管理 川﨑つま子】

看護部長塾

看護部長の仕事の中で最も重要なものは、看護管理者の人材育成だと考えます。
人材育成の方法としては、看護協会などで行っている管理者向けの長期研修が直ぐ思いつきます。

しかし、職場を離れての研修には、出せる人数にも限りがあり、
なかなか全員に研修の機会を与えることは難しい状況があります。
そのため、院内でも看護管理者向けの研修を企画する必要があり、
対象者別に様々な研修を企画し、実施しています。

その一つに「看護部長塾」があります。

これは看護部長自らが企画し実施する研修で、参加者が主体的に学べるように、
講義、演習、グループワークを組み合わせた内容となっています。
最終的には成果物を創り、プレゼンテーションするところまでを課題としています。
約半年間の取り組みを通して、看護管理者として必要な能力を育成することを狙っています。
研修後に成長した看護管理者の姿をイメージしながら研修を企画するのは、毎年とてもわくわくする作業です。

【前回記事】 「2:6:2の法則」をご存知ですか?

===============================
プロフィール
川﨑つま子
【学歴】
1978年 国立埼玉病院付属看護学校卒業
1988年 日本赤十字社幹部看護師研修所卒業
2007年 放送大学卒業
2010年 東京医療保健大学修士課程(看護マネジメント学コース)卒業
2010年 認定看護管理者(日本看護協会認定)

【職歴】
1978年 国立国際医療センター
1981年 さいたま赤十字病院
1990年 さいたま赤十字看護専門学校(専任教師)
1998年 さいたま赤十字病院(看護師長)
2006年 さいたま赤十字病院(医療安全管理者、看護副部長)
2008年 小川赤十字病院(看護部長)
2011年 足利赤十字病院(看護部長)
2014年 東京医科歯科大学医学部附属病院(看護部長)
2016年 同 (副院長兼看護部長)

【学会】
日本医療マネジメント学会評議員


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。