看護管理者支援サイト

看護管理が病院を変える

特定看護師や診療看護師に関する医療安全管理や補償などのようになっているのでしょうか?

time 2018/06/10

特定看護師や診療看護師に関する医療安全管理や補償などのようになっているのでしょうか?

【特定看護師と診療看護師の違いと資格取得の過程 篠﨑真弓】

9.定看護師や診療看護師に関する医療安全管理や補償について

特定の医行為(以下、特定行為)を行う特定看護師や診療看護師を雇用する施設では、
安全で適切に行われるにはどのように管理をしていくかが、重要課題となります。
今回は医療安全管理や補償についてのお話です。

特定行為については、
平成26年に保健師助産師看護師法で
「特定行為は、診療の補助であり、看護師が手順書により行う場合には、実践的な理解力、思考力及び判断力並びに高度かつ専門的な知識及び技能が必要とされるものとして厚生労働省令で定めるものをいう」1)
と定められました。

安全で適切に特定行為を実践するには、
知識や技術の維持・向上だけでは成り立ちません。
施設全体に特定行為について理解していただかなければなりませんし、
特定行為を受ける側(患者、療養者)の同意を得る必要があります。
同意については、各施設で工夫しており、
「研究・教育機関の説明・協力願い」と共に、
特定看護師や診療看護師(NP)の説明や紹介、
特定の医行為についてなどを合わせて掲示している所が多いです。

また、同意書を作成し、個々で同意を得ている施設もあるようです。
また、特定行為を実践する際の安全管理は手順書の工夫も必要です。
手順書から逸脱するような事象が発生した際の連絡体制や行為実施後の医師への報告方法も、
手順書に入れておくといいでしょう。
公益社団法人全日本病院協会の「特定行為に係る手順書例集」2)にも、
「連絡体制」の記載が示されています。
私が手順書作成をした際は、厚生労働省の試行事業でもあったため、
医療安全管理部の責任者にも入っていただきながら作成しました。
安全で適切に行うための手順書であるためにも、医療安全管理部に協力を得ることや、
インシデント・アクシデントが起きた際の報告ルートの確立など、
事象への迅速な対応が図れるシステム作りが望まれます。

しかし万が一の事が発生してしまった場合、補償はどうなるのでしょうか。
訴訟件数の増加や賠償金額の高額化が続いている医療界、
看護師の損害賠償保険で特定行為も含まれるのか心配だと思われます。
看護職賠償責任保険制度には、日本看護協会のものや民間のものがあります。
民間のものは主に3つ、損害保険ジャパン日本興亜損保株式会社、
東京海上日動火災保険株式会社、三井住友海上株式会社です。

日本看護協会のものは特定行為もカバーできるようになっていました。
民間はどうなのか前述した保険会社に確認をしたところ、
保険会社でもそこを解釈し、
「保助看法で定められた範疇ならば対応できる」ということです。

平成26年より保健師助産師看護師法(以下)に含まれるようになったため、
保険会社も対応できるようになったようです。
ただし、一部の保険会社は、
「一応保助看法の対応としているが、特例となる可能性があるため、日本看護協会のものを推奨する」
というところもあるため、契約前に充分に確認をする必要はありそうです。

・保健師助産師看護師法(平成26年法律第83号)第37条の2
・保健師助産師看護師法第37条の2第2項第1号に規定する特定行為及び同項第4号に
規定する特定行為研修に関する省令(平成27年厚生労働省令第33号)

1)http://elaws.egov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=323AC0000000203
2)http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10800000-Iseikyoku/0000112464.pdf

【前回記事】 組織としてどのような診療看護師が必要なのか?7つの能力をご存知でしょうか?

===========================
プロフィール
篠﨑 真弓
略歴
1994年 日本医科大学付属病院 入職 (看護係長まで務めるが、大学院進学のため退職)
2011年 東京医療保健大学大学院 看護学専攻 高度看護実践コース入学
2013年 東京医療保健大学大学院 看護学専攻 高度看護実践コース修士課程卒業
2013年 日本医科大学武蔵小杉病院 入職
(診療看護師として研修後、循環器内科心不全ケアチームや救急外来でのトリアージなどを行う)
2017年 日本医科大学看護専門学校 異動 基礎看護学担当講師
現在に至る


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。