看護管理者支援サイト

看護管理が病院を変える

【「ヒト」の視点での看護管理 佐藤譲】14.看護実践能力とは

time 2018/04/20

【「ヒト」の視点での看護管理 佐藤譲】14.看護実践能力とは

【「ヒト」の視点での看護管理 佐藤譲】

14.看護実践能力とは

「看護実践能力」なる言葉がありますが、
広義では看護行為1つ1つの準備・実施・後始末にムリ・ムダ・ムラがなく、
自然な声掛けや態度があり、相手をみて、先を見越した判断ができ、
出来栄えが綺麗で、何度も同じことを繰り返さず、
患者・家族やスタッフから感謝される対応能力でしょうか。

看護の本質や看護の専門性を追求する言葉でもあります。
しかも、看護を受ける側の人の尊厳、人権擁護、人の倫理、
意思決定支援、人間関係を築くことが欠かせませんし、
小児期・成人期・老年期の年齢や、個々の健康レベル、
身体的側面・社会的側面をも踏まえ、客観的・主観的データを解釈し、
総合的な判断となる看護アセスメント能力が看護実践には不可欠です。

また、治療とケアを継続するためには、
看護職同士や医師その他の職種との協働・役割分担の上に成立しているため、
他職種との連携も求められることでしょう。

【前回記事】13.日常生活を支える訪問看護

==================================
佐藤 譲
【略歴】
東海大学工学部経営工学科 3年次の東海大学医学部付属病院での
看護実習(日勤・準夜勤・深夜勤で看護助手業務の実習)後、
「病棟における看護師の薬剤の混注作業」、「看護業務量調査」、
「病棟における看護要員の適正人員配置」などの研究に対し、
経営工学の学生として看護部調査研究委員会にかかわり、
東海大学大学院 工学研究科 経営工学専攻 博士課程前期修了(1996年)。

その後、東京都・栃木県・山梨県内の病院看護部にて、看護業務量調査の支援、
国立医療・病院管理研究所(現 国立保健医療科学院) 協力研究員、
財団法人日本訪問看護振興財団(現 公益財団法人 日本訪問看護財団) 主任研究員、
大学看護学部や看護専門学校での非常勤講師、
認定看護管理者教育課程ファーストレベル講師等を経て、
2003年 公益財団法人 日本心臓血圧研究振興会 附属 榊原記念病院に入職。
2010年より現職。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。