看護管理者支援サイト

看護管理が病院を変える

その態度、看護師を採用したいと思ってるんですか?

【看護師紹介会社から見た医療機関 転職コンサルタントS】

3.看護師採用面接で「おじさん」の威圧感は一番辛い

看護師紹介会社で転職コンサルタントをしているSです。
今回も看護師採用のポイントについて、説明をしていきたいと思います。

採用面接に同席していると、面接序盤から厳しい展開になるケースがあります。
それは面接に事務方の男性が同席するケースです。

特に年配の男性の場合は、辛い展開になりがちです。

そういう「おじさん」が同席する時は、
大抵「何故そんなに不機嫌なんですか?」
と質問したくなる程、厳しい顔をしています。
年収査定の為に必要なのかもしれませんが、
今までの転職歴や業務等をたんたんと尋問の様に質問してくるケースが多いです。

でも、これはまだマシな方なんです・・・

一番困る「おじさん」が、無言の圧力をかけてくるケースです。

腕を組み、椅子にふんぞり返る様に座りながら、じっと睨みつけてくる。

最後に取ってつけた様な質問をしてくる(既に説明済の内容を聞いてくることが多い)程度で、
何の担当として面接に同席しているか不明な「おじさん」です。

転職コンサルタントをしている側からすると、
「看護師を採用したいと思っていますか?」と聞きたくなります。

採用面接は
「よりよい環境で力を発揮したい看護師」と、
「その力を借りて患者様によりよい看護を提供したい病院」の出会いの場
であるべきだと考えています。

各看護師が働く上で目指していること等に興味をもたない「おじさん」が、看護師を品定めする場ではないと思っています。

看護師採用が失敗しない為にも、病院側の面接官の採用についても御一考いただいた方が、いいと思います。

【前回記事】2.看護師採用面接の必勝パターンをつくる

==============================
【ペンネーム】看護師紹介会社 転職コンサルタントS
【プロフィール】
大学卒業後、証券会社から看護師紹介会社に転職。
看護師紹介コンサルタントとして実績を積むとともに、
医療機関からの看護師採用支援を担当。
==============================


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。