看護管理者支援サイト

看護管理が病院を変える

【現場に笑顔をつくる看護管理 川﨑つま子】4.看護管理者になりたい!!

time 2018/03/27

【現場に笑顔をつくる看護管理 川﨑つま子】4.看護管理者になりたい!!

看護管理者になりたい!!

看護部長達の集まりの中で、

「最近は管理者希望の人が少なくて、お願いしてなってもらった」

という話が聞かれるようになりました。
この状況は看護界だけに起こっているものではなく、
おそらくは社会全体の傾向ではないかと思っています。
管理者の役割の大きさに比して手当が必ずしも十分でない点も一因と考えますが、
管理者のロールモデルに出会えていないことが大きいのではないかと考えます。

スタッフから見えている看護師長が、
いつも忙しそうにしていて遅くまで残って仕事をしていたら、
将来看護師長になりたいとは思わないでしょう。

私はスタッフ時代に5人の看護師長にお世話になりました。
いずれの看護師長も管理者としてのビジョンを持ち情熱的に管理に当たっていました。
その中でもA師長さんは、今でも私のメンターです。
私のキャリアデザインの中には、
専門職としてのキャリアをしっかり踏んだ後に、
将来はA師長さんの様な管理者になりたいというイメージが創られていました。

【前回記事】3.笑顔の効果

===============================
プロフィール
川﨑つま子
【学歴】
1978年 国立埼玉病院付属看護学校卒業
1988年 日本赤十字社幹部看護師研修所卒業
2007年 放送大学卒業
2010年 東京医療保健大学修士課程(看護マネジメント学コース)卒業
2010年 認定看護管理者(日本看護協会認定)

【職歴】
1978年 国立国際医療センター
1981年 さいたま赤十字病院
1990年 さいたま赤十字看護専門学校(専任教師)
1998年 さいたま赤十字病院(看護師長)
2006年 さいたま赤十字病院(医療安全管理者、看護副部長)
2008年 小川赤十字病院(看護部長)
2011年 足利赤十字病院(看護部長)
2014年 東京医科歯科大学医学部附属病院(看護部長)
2016年 同 (副院長兼看護部長)

【学会】
日本医療マネジメント学会評議員


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。