看護管理者支援サイト

看護管理が病院を変える

【看護管理者のためのロジカルシンキング活用法 石井富美】1.はじめに 〜看護業務とロジカルシンキング〜

time 2018/03/06

【看護管理者のためのロジカルシンキング活用法 石井富美】1.はじめに 〜看護業務とロジカルシンキング〜

看護管理者のためのロジカルシンキング活用法

1.はじめに 〜看護業務とロジカルシンキング〜

看護管理者支援サイトをご覧の皆さま、初めまして、石井富美です。

私はもともとは電機メーカーでソフトウエアの開発をしていたシステムエンジニアです。
2001年頃から本格的に始まった病院のIT化(電子カルテ導入など)の中で、
病院側のシステム室のスタッフとして、電子カルテベンダーと医療専門職の通訳役や院内の情報活用を主な仕事にしてきました。

病院の中では、看護師さんと仕事をさせていただく機会が多く、
看護支援システムの開発やデータ活用による業務改善、
医療安全のインシデントアクシデントレポート解析、
などに携わってきました。

そんな中で、看護業務は非常に論理的に組み立てられている中で、感情労働が求められ、さらに多くノウハウが暗黙知化されて実践されていること驚きました。
そして現場では、管理者が常に状況を俯瞰的に把握して、ロジカルに課題を整理していくことが求められています。
この連載では、現場事例をもとに、管理者としてスタッフを論理的思考に導くための関わり方や考え方を紹介していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

————————-
プロフィール
石井富美(いしいふみ)
多摩大学 医療・介護ソリューション研究所 フェロー

経営情報学修士(MBA)
東京理科大学理学部卒、多摩大学院経営情報学専攻科修了
医療情報技師、認定医療メディエーター、システムアドミニストレーター等

【経歴】
民間企業でソフトウエア開発のSEとして勤務した後、社会福祉法人に入職、法人本部事務局、情報システム室、事業部を経て経営企画室長に就任、グループ内施設の経営改善サポート、新規事業の企画、人材育成などに携わった。
2011年より多摩大学 医療・介護ソリューション研究所フェローとして活動し、医療機関の経営サポート、医療経営人材育成活動、企業向け医療ビジネスセミナーなどを行っている。
日本医療経営実践協会の医療経営士育成事業にも関わり、主に医療経営士取得後のフォローアップ研修を担当している。
2017年より関西学院大学大学院にて「地域医療経営」の科目講師も務めている。

【所属学会】
日本医療情報学会(医療情報技師)
日本医療コンフリクト・マネジメント学会(認定医療メディエーター)
日本医療マネジメント学会
地域デザイン学会 等

【著書等】
主な書籍
今すぐできる! 診療データの戦略的活用法
経営企画部門のマネジメント
医療・介護制度改革へ向けた病院経営戦略

・現在連載中の雑誌
月刊 医療経営士 ウーマンラボ
月刊 看護管理 今さら聞けない、ビジネスフレームワーク
季刊 眼科と経営 いきいき女性の働き方


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。