看護管理者支援サイト

看護管理が病院を変える

【特定看護師と診療看護師の違いと資格取得の過程 篠﨑真弓】2.特定看護師と診療看護師の違いについて

time 2018/02/11

【特定看護師と診療看護師の違いと資格取得の過程 篠﨑真弓】2.特定看護師と診療看護師の違いについて

特定看護師と診療看護師の違いと資格取得の過程

2.特定看護師と診療看護師の違いについて

今回は特定看護師や診療看護師の誕生について簡単に触れつつ、
呼称の違いを説明します。

2008年大分県立看護科学大学大学院修士課程にて、
Nurse Practitioner(以下NP)養成教育の取り組みが始まり、
2009年には厚生労働省チーム医療推進に関する検討会(のちのチーム医療推進会議)にて、
専門性を高めた新しい職種(NPなど)の導入の検討が開始されました。

そしてチーム医療推進会議にて看護師の役割拡大についての議論が重ねられ、

特定看護師
「診療の補助のうち高度な専門的知識・技能等をもって行う必要のある行為(特定行為)を、
医師の指示の下で手順書に基づき行うことができる看護師」を「特定行為に係る看護師」とし、
厚生労働省大臣が指定する指定研修機関において特定行為に係る看護師の研修制度を行うことになりました。

しかし指定研修機関の中には、特定行為全区分(21区分)を研修できる大学院や、
区分を限っている研修機関(1~19区分) 1)もあることから、
1区分を実施できる特定行為に係る看護師から21区分実施できる特定行為に係る看護師が存在し、
現場が混乱する可能性が出てきました。

そのため、日本NP教育大学院協議会が

診療看護師
「大学院修士課程修了、日本NP教育大学院協議会が実施するNP資格認定試験合格、
全ての特定行為区分(21区分)の特定行為を実施できる看護師を診療看護師」
「特定行為区分毎の研修修了、
研修修了した特定行為区分に属する特定行為を実施できる看護師を特定看護師」
と呼称を分ける事を提案し、
特定看護師と診療看護師が誕生してきました。

但し、厚生労働省チーム医療推進会議にて名称独占はしないとされているため、
施設によっては独自で呼称を決めているところもあるようです。

1)厚生労働省HP:特定行為に係る看護師の研修制度について(2017年8月現在)

===========================
プロフィール
篠﨑 真弓
略歴
1994年 日本医科大学付属病院 入職 (看護係長まで務めるが、大学院進学のため退職)
2011年 東京医療保健大学大学院 看護学専攻 高度看護実践コース入学
2013年 東京医療保健大学大学院 看護学専攻 高度看護実践コース修士課程卒業
2013年 日本医科大学武蔵小杉病院 入職
(診療看護師として研修後、循環器内科心不全ケアチームや救急外来でのトリアージなどを行う)
2017年 日本医科大学看護専門学校 異動 基礎看護学担当講師
現在に至る

コメント

  • 診療看護師(NP協議会)の受験資格には、全ての特定行為とはなっていないと思いますが、いかがでしょうか?

    by 佐藤 €2018年3月21日 10:39 AM

  • 佐藤さん、ご質問ありがとうございます。編集部です。
    仰る通り、全ての特定行為となっていないです。

    今回は、「呼称の違い」について述べさせていただいております。そしてその「呼称の考え方」として、日本NP教育大学院協議会が「大学院修士課程修了、日本NP教育大学院協議会が実施するNP資格試験合格、全ての特定行為区分を実施できる看護師を診療看護師」と、提案しているのです。
    あくまでも「呼称の考え方」として、述べさせていただいておりますので、受験資格としての条件ではございません。

    ただ、現在診療看護師として活躍している方達の中でも、21区分の全てが実施できるかというとそうではありません。施設によって求められていることや自己のスキルによって、実際に行なっている区分は限られている現状です。
    また、大学院の実習においても全区分を完璧に習得できるかというと、そんなこともありません。2年間の大学院教育の中では限界があります。そのため、診療看護師を受け入れる施設では卒後研修を設けるなどの工夫がなされています。

    by nsmgt €2018年3月23日 8:38 PM

down

コメントする





%d人のブロガーが「いいね」をつけました。