看護管理者支援サイト

看護管理が病院を変える

【看護師に知ってほしい診療報酬のこと! 北の虎】2.DPC請求の基本的なことと入院期間

time 2018/02/07

【看護師に知ってほしい診療報酬のこと! 北の虎】2.DPC請求の基本的なことと入院期間

看護師に知ってほしい診療報酬のこと!

2.DPC請求の基本的なことと入院期間

DPC請求とは診断群分類による包括支払い方式のことを言います。
基本的に、

基本診療料
検査料
画像診断料
処置は包括評価
リハビリテーション料
手術・麻酔
基本点数1,000点以上の処置などの出来高評価

となっております。

入院時の傷病名と行なった診療によって、
診断群分類ごとに入院期間Ⅰ、入院期間Ⅱ、入院期間Ⅲに別れており、
それぞれ入院期間と点数が設定されております。
入院期間Ⅲを超えると出来高計算方式に切り替わりますが、
平成28年の診療報酬改定で、
平均在院日数+2SD(標準偏差)以上の30の整数倍の日数で設定されたことで、
入院期間Ⅲを超えて出来高請求になる症例は少なくなりました。

入院期間Ⅱは全国の平均の在院日数になっているので、
退院に関してはこの入院期間Ⅱの期間を意識するといいでしょう。
このDPCの入院期間と点数については2年に1回見直しがおこなわれるので、
特にクリティカルパスで動いているものについては、
2年に1回見直しをするといいでしょう。

【前回記事】1.DPCは看護師には関係ないと思っていませんか
————————-
プロフィール
ペンネーム:北の虎
略歴:大学を卒業後、お堅い仕事を経て、病院へ入職、
現在、医事課長として病院内の調整を行なっている。DPCに関する分析が得意技。

down

コメントする





%d人のブロガーが「いいね」をつけました。