看護管理者支援サイト

看護管理が病院を変える

【「ヒト」の視点での看護管理 佐藤譲】3.新人類と旧人類の認識の違い

time 2018/02/02

【「ヒト」の視点での看護管理 佐藤譲】3.新人類と旧人類の認識の違い

新年度となり新卒者を迎え入れたあと、かならず「新人類がやってきた」と永年勤続のように語り続けられ続けられている言葉があります。新人類と旧人類に共通することに「謝る」がありますが、「誠意を込めず、表面だけの、とりあえず謝っておけぇ」と「誠意をこめた謝り」の違いがあります。しかも、共通するポイントしては「怒られた理由を自分の中に探さない」「自分を責めない」「文化の違いと思い込む」の3つでしょうか。そもそも新人類は、「今」を、大事に、大切に、頑張って生きているからこそ、「今」を乗り越えれば良いっていう認識があります。旧人類は、「過去」「経験」を大事にし、大切に、頑張って生きているからこそ、「将来」をみてしまう認識に立つという違いがあるものです。新人類を変えるようにパワーをつぎ込むのではなく、いままでいろんな体験経験を積んできた自分自身を把握し、自分自身の認識を変えるだけで大きく新人類との接し方が変わり、看護そのものも大きく変わることでしょう

==================================
佐藤 譲
【略歴】
東海大学工学部経営工学科 3年次の東海大学医学部付属病院での
看護実習(日勤・準夜勤・深夜勤で看護助手業務の実習)後、
「病棟における看護師の薬剤の混注作業」、「看護業務量調査」、
「病棟における看護要員の適正人員配置」などの研究に対し、
経営工学の学生として看護部調査研究委員会にかかわり、
東海大学大学院 工学研究科 経営工学専攻 博士課程前期修了(1996年)。

その後、東京都・栃木県・山梨県内の病院看護部にて、看護業務量調査の支援、
国立医療・病院管理研究所(現 国立保健医療科学院) 協力研究員、
財団法人日本訪問看護振興財団(現 公益財団法人 日本訪問看護財団) 主任研究員、
大学看護学部や看護専門学校での非常勤講師、
認定看護管理者教育課程ファーストレベル講師等を経て、
2003年 公益財団法人 日本心臓血圧研究振興会 附属 榊原記念病院に入職。
2010年より現職。
==================================

down

コメントする





%d人のブロガーが「いいね」をつけました。