看護管理者支援サイト

看護管理が病院を変える

【看護管理と採用、人事・労務 人事採用仕事人T】2.景気と病院の採用

time 2018/01/20

【看護管理と採用、人事・労務 人事採用仕事人T】2.景気と病院の採用

最近は様々な業種で人手不足が問題になってきています。昨年末はヤマト運輸が運転手のアルバイトを時給2000円で募集して話題になりました。また、ある調査では首都圏のパート、アルバイトの平均時給は1000円を超えているといった結果が出ています。好景気は求職者にとっても選べる仕事が多くなりますし、賃金が上がるのは誰しも嬉しいものですよね。企業にとってベースアップは人件費に大きく影響しますが背に腹は代えられないといったところでしょうか。

さて、病院はと言うと景気に左右されない業態と考えがちですが、必ずしもそうとは限りません例えば看護補助者の採用を考えてみると、不景気の時は比較的応募が多い印象がありませんか?景気が良くなると求人数も多くなり、低賃金で重労働というイメージある看護補助者の仕事は避けられる傾向にるように感じます仮に看護補助者の賃金を上げても看護師の賃金のバランスがありますのでそう簡単ではありません。

 仕事を選ぶ理由は賃金だけではありませんが大事な要素であることは間違いありません。近隣の病院の動向はもちろんのこと地域や他業種の相場や動向にも目を向けて、賃金形態を考えていく必要があります。知らない間に自分の病院だけ取り残されていた!なんてことないようにしたいですね。

down

コメントする





%d人のブロガーが「いいね」をつけました。