看護管理者支援サイト

看護管理が病院を変える

【「ヒト」の視点での看護管理 佐藤譲】1.看護管理とは

time 2018/01/19

【「ヒト」の視点での看護管理 佐藤譲】1.看護管理とは

「ヒト」の視点での看護管理

1.看護管理とは

今、日本では2025年にむけて、
地域医療構想や地域包括ケアシステムなどの取り組みがなされています。

厚生労働省の医療施設動態調査(平成29年10月末概数)によれば、
病院数は8,414施設。

医療施設調査(平成28年10月1日現在)によれば、
病院総数8,442施設に対し、
300床未満の病院が82.0%(6,929施設)、
300床以上の病院が18.0%(1,513施設)。

なかでも、
地域医療構想に対しては主に300床以上、
地域包括ケアシステムに対しては主に300床未満と、
病院規模によって異なる対応を迫られていると思います。

かたや、看護部は、看護要員数は医療法や医療法施行規則で定められており、
病院規模、病院機能、都市か地方などによって、
看護要員の数、看護経験平均年数、勤続年数、教育歴、高齢化率、
仕事に対する価値観や看護観が異なる背景があります。

しかも、組織体制や現任教育制度の充実度は、
病院規模に比例し、
病院規模が大きくなるほど組織体制や現任教育制度が整備されている傾向があり、
病院規模が小さくなるほど看護職員1人1人と向き合うことができる特徴をもつことを考えると、
病院により看護部構成や規模を見据えた看護管理の工夫が必要ではないでしょうか。

==================================
佐藤 譲
【略歴】
東海大学工学部経営工学科 3年次の東海大学医学部付属病院での
看護実習(日勤・準夜勤・深夜勤で看護助手業務の実習)後、
「病棟における看護師の薬剤の混注作業」、「看護業務量調査」、
「病棟における看護要員の適正人員配置」などの研究に対し、
経営工学の学生として看護部調査研究委員会にかかわり、
東海大学大学院 工学研究科 経営工学専攻 博士課程前期修了(1996年)。

その後、東京都・栃木県・山梨県内の病院看護部にて、看護業務量調査の支援、
国立医療・病院管理研究所(現 国立保健医療科学院) 協力研究員、
財団法人日本訪問看護振興財団(現 公益財団法人 日本訪問看護財団) 主任研究員、
大学看護学部や看護専門学校での非常勤講師、
認定看護管理者教育課程ファーストレベル講師等を経て、
2003年 公益財団法人 日本心臓血圧研究振興会 附属 榊原記念病院に入職。
2010年より現職。
==================================

down

コメントする





%d人のブロガーが「いいね」をつけました。